“馬尾藻”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほんだわら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“馬尾藻”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
帆船のころは、無風と環流のためそこを出られなくなり、舵器には馬尾藻ほんだわらがぬるぬると絡みついてしまう。
「太平洋漏水孔」漂流記 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ただ、あるといえば藻海くらいだろうが、それも過去における魔境に過ぎず……いまはその怪馬尾藻ほんだわらも汽船の推進器スクリュウが切ってしまう。
「太平洋漏水孔」漂流記 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)