“野分”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
のわき83.5%
のわけ16.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遼東大野を吹きめぐって、黒い日を海に吹き落そうとする野分の中に、松樹山の突撃は予定のごとく行われた。時は午後一時である。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
夏山 夏野 夏木立 青嵐 五月雨 雲の峰 秋風 野分 霧 稲妻  星月夜 刈田  冬枯 冬木立 枯野 雪 時雨 
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
ある日曜の午後と覚えています、時は秋の末で、大空は水のごとく澄んでいながら野分吹きすさんで城山の林は激しく鳴っていました。
春の鳥 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
すでにその頃、尊氏は瀬田大橋もこえ、彼の東下の軍勢は、野分あとのひどい稲田を途中に見つつ近江路を急いでいた。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)