“凶作”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きようさく50.0%
きょうさく33.3%
きやうさく16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
奥州筋近来凶作此寺大破び、住持となりても食物しければ不住明寺となり、本尊だに何方取納しにやにはえず、草深く、狐梟のすみかといふもあり。
甲冑堂 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
しかし全世界は地上に達する太陽熱が減ったために、それから十年間というものは凶作がつづいた。おそろしい影響であった。
宇宙の迷子 (新字新仮名) / 海野十三(著)
ていふ、白髪老翁をもちてなだれにるといふ。また此なだれ須川村の方へ二十町余の処真直下す年は豊作也、菖蒲村の方へにくだす年は凶作也。其験ふ事なし。