“凶暴”の読み方と例文
読み方割合
きょうぼう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
血を見て凶暴になったかれらは、かねての計画を実行にした、まもなくベン夫妻と、一等運転手がたおされた。悪漢どもは完全にセルベン号を占領した。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
おれだって、凶暴な魔物ではない。妻子を見殺しにして平然、というような「度胸」を持ってはいないのだ。配給や登録の事だって、知らないのではない、知るひまが無いのだ。
桜桃 (新字新仮名) / 太宰治(著)
カビ博士と名のる辻ヶ谷君のなるみにより、僕は海底ふかく分け入って、凶暴なる未知の怪生物族を探し、それと重大なる談判をしなくてはならない行きがかりとはなった。
海底都市 (新字新仮名) / 海野十三(著)