宇宙の迷子うちゅうのまいご
ゆかいな時代 このゆかいな探険は、千九百七十何年だかにはじめられた。いいですか。 探険家はだれかというと、川上一郎君、すなわちポコちゃんと、山ノ井万造君、すなわち千ちゃんと、この二人の少年だった。 川上君は、顔がまるく、ほっぺたがゴムまりの …
作品に特徴的な語句
ごん せい 休止きゅうし しょ ぬの 極光きょっこう あかり よく 凶作きょうさく 土煙つちけむ えん たいら ゆか のち 念入ねんい いか 極刑きょくけい ばん 猛烈もうれつ 生命せいめい 破片はへん 軌道きどう かる 輪切わぎ 万造まんぞう 下界げかい 両国りょうごく 丸鏡まるかがみ 倍率ばいりつ 偉力いりょく 健在けんざい 全身ぜんしん 動物どうぶつ せん 嘆声たんせい 地形ちけい 垂直すいちょく 墓場はかば 増刊ぞうかん 墜落ついらく すみ ほか 天井てんじょう ふと 奮闘ふんとう 宴会えんかい 寝床ねどこ 尾部びぶ やま 川開かわびらき 幕状まくじょう 幕面まくめん ひら みき 弧状こじょう 彗星すいせい 後悔こうかい 怪光かいこう 感情かんじょう 憎悪ぞうお 探険たんけん 摩擦まさつ 星人せいじん 時刻じこく 暗視あんし 樹海じゅかい 死滅しめつ 残骸ざんがい 浮力ふりょく 海藻かいそう みなもと すべ 猿人えんじん たま 球型きゅうけい 球形きゅうけい 異議いぎ 白骨はっこつ 百雷ひゃくらい 知覚ちかく くだ 碇泊ていはく 箇所かしょ くだ 絶頂ぜっちょう つな 縞目しまめ 繁茂はんも 罪悪ざいあく つばさ 翼端よくたん