“下界”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
げかい95.8%
した4.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただ漫然たる江湖において、論者も不学、聴者も不学、たがいに不学無勘弁の下界げかいに戦う者は、捨ててこれを論ぜざるなり。
経世の学、また講究すべし (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
なぜ、自分じぶんは、この下界げかいてて、そらうえなどへ、すこしのあいだなりとゆくになったろう。
あるまりの一生 (新字新仮名) / 小川未明(著)
アッとさけもなく、うしなつたラランは、おそろしいはやさでグングンと下界したちていつた。
火を喰つた鴉 (新字旧仮名) / 逸見猶吉(著)
『おい、ペンペ、下界したろ。すばらしい景色けしきじやないか。おまへなんぞこゝらまでんでたこともあるまい。』
火を喰つた鴉 (新字旧仮名) / 逸見猶吉(著)