“景色”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けしき93.1%
けいしょく3.2%
けいしよく1.8%
ありさま0.4%
かしき0.4%
けはい0.4%
げしき0.4%
ル・ベザージュ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は、懐中から、スケッチして、前方黄色くなった田圃や、灰色にかすんだ景色などを写生しにかかったのであります。
丘の下 (新字新仮名) / 小川未明(著)
筆をって書いていても、魏叔子大鉄椎にある曠野景色が眼の前に浮んでくる。けれども歩いている途中は実に苦しかった。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
めて川面を見やれば誠に魂を冷す關山とてしき坂あり一人を守れば萬夫も越えがたしと見ゆる絶所にて景色もよし車夫いろ/\名所話しを
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
ホモイはちょっとその動物園景色を考えてみて、たまらなくおもしろくなりました。そこで
貝の火 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
すなわちこれは夕暮に際して特に眼をひいた花の景色、花の風情を愛でたものとみればよろしい。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
それはもはや、あるかなきかの遠い夢景色だった。線路が曲がって、ある切り通しの中にはいり込み、その景色が見えなくなってしまうと、彼らはもう人に見られる恐れもないので気をゆるめた。
景色とは、人間の心状態である」といつたスヰスの詩人アミエルの名句は、まさしく此處へ來て味はふことが出來る。
山岳美観:02 山岳美観 (旧字旧仮名) / 吉江喬松(著)