ジャン・クリストフ08 第六巻 アントアネット08 だいろっかん アントアネット
母に捧ぐ ジャンナン家は、数世紀来田舎の一地方に定住して、少しも外来の混血を受けないでいる、フランスの古い家族の一つだった。そういう家族は、社会に種々の変化が襲来したにもかかわらず、フランスには思いのほかたくさんある。彼らは自分でも知らない …
作品に特徴的な語句
物語ロマンス 景色げしき がき とな かお うるお 真向まむ 御告アンジェリユス 自惚うねぼ 連枷からざお むな きた 鼻垂はなたれ おご おお とら ふせ 胸布ナプキン 天蛾てんが 外套マント 林泉オアシス ゆわ 喧嘩げんか おとしい 老婢ろうひ 蜘蛛ぐも とびら こわ にな ぬぐ 拳銃けんじゅう 彷徨ほうこう ゆか さち 花車きゃしゃ 旋律メロディー いや 服装みなり 枕頭ちんとう 退 かたま きよ 桟敷ボックス 嘲笑ちょうしょう から 饒舌じょうぜつ 火烙ひあぶり うさぎ ひま あたた 生々なまなま 自棄やけ 舞踏ダンス 艱難かんなん 芝生しばふ 苛酷かこく にが 苦々にがにが 苦悶くもん 茅屋ぼうおく なお 茫漠ぼうばく いばら 痙攣けいれん 痘瘡とうそう 男々おお 田舎いなか 葡萄ぶどう 蕪雑ぶざつ 蜜蜂みつばち 無稽むけい 猥雑わいざつ 蜘蛛くも しらみ 藁屑わらくず まき 薔薇ばら ねこ あざみ 薄靄うすもや 瓦解がかい 白粉おしろい あお 蒼白あおじろ びん つた 獰猛どうもう 蕩尽とうじん 生涯しょうがい 獲物えもの 蒼茫そうぼう
題名が同じ作品
ジャン・クリストフ (新字新仮名)ロマン・ロラン (著)
ジャン・クリストフ:01 序 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)