ジャン・クリストフ08 第六巻 アントアネット08 だいろっかん アントアネット
母に捧ぐ ジャンナン家は、数世紀来田舎の一地方に定住して、少しも外来の混血を受けないでいる、フランスの古い家族の一つだった。そういう家族は、社会に種々の変化が襲来したにもかかわらず、フランスには思いの …
作品に特徴的な語句
愚弄ぐろう 無駄むだ 燭台しょくだい もも 金槌かなづち 従弟いとこ 芝生しばふ 母家おもや 峻厳しゅんげん 蜜蜂みつばち つぐみ 洗濯せんたく 茫漠ぼうばく 息吹いぶ 頓死とんし 貪欲どんよく 凡庸ぼんよう 宛名あてな 小唄こうた 相容あいい 愚昧ぐまい 厭気いやけ 駝鳥だちょう 沮喪そそう 蹉跌さてつ 燐光りんこう 瓦解がかい 荒唐無稽こうとうむけい 目論もくろ 昏迷こんめい いや 瞥見べっけん ふう 誹謗ひぼう 涵養かんよう 牝牛めうし 遊蕩ゆうとう 他家よそ 苛酷かこく 金目かねめ 鍛冶かじ 等閑なおざり 天稟てんぴん 沐浴もくよく 遺骸いがい 駄々だだ 蒼茫そうぼう 靴下くつした ふいご きね 勧工場かんこうば 他処よそ 嘲罵ちょうば 鋒先ほこさき 頬髯ほおひげ 僅少きんしょう 蕩尽とうじん 牢獄ろうごく 藁屑わらくず 高価たか 懶惰らんだ 律動リズム 奸策かんさく 平坦へいたん 拳銃けんじゅう 鬱々うつうつ 境涯きょうがい 鍾愛しょうあい 軽佻けいちょう あなぐら 佝僂せむし 叱責しっせき 深淵しんえん 茅屋ぼうおく 卑下ひげ 無稽むけい 煤煙ばいえん 脈搏みゃくはく 阿諛あゆ 騒擾そうじょう 迅速じんそく 肱掛椅子ひじかけいす ちん 磨滅まめつ 不撓ふとう 書棚しょだな かささぎ 婢僕ひぼく 老婢ろうひ 通牒つうちょう 貪食どんしょく 黄金虫こがねむし 墻壁しょうへき 教鞭きょうべん 暗誦あんしょう 宥恕ゆうじょ 災厄さいやく 喧騒けんそう かき 惘然ぼうぜん
題名が同じ作品
ジャン・クリストフ (新字新仮名)ロマン・ロラン (著)
ジャン・クリストフ:01 序 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)