ジャン・クリストフ
前がき 『ジャン・クリストフ』の作者ロマン・ローランは、西暦千八百六十六年フランスに生まれて、現在ではスウィスの山間に住んでいます。純粋のフランス人の血すじをうけた人で、するどい知力をもっています。世界中の人々がみなお互に愛しあい、そして力 …
作品に特徴的な語句
じん 表現ひょうげん この うえ 最初さいしょ きょく 真実しんじつ 微笑びしょう ほほ 一片いっぺん けっ ただ 状態じょうたい 玩具がんぐ めず 本当ほんとう かぞ 祖父そふ かか 習慣しゅうかん いそ 快楽かいらく 小曲しょうきょく こと ゆる みと うしな おっと もとづ えら やわら すぐ 価値かち 作者さくしゃ なに もよ きず よる 大切たいせつ そう あたま はじ だれ 誠実せいじつ かた じつ いえ つく たい なん おぼ 小柄こがら 小説しょうせつ 表題ひょうだい 山間さんかん ねん あら くる ゆか かれ 彼女かのじょ 往来おうらい はら 背負せお 以来いらい おしえ あび えん 気持きもち はは あた 現在げんざい あま 骨折ほねお 生活せいかつ ほがら 書物しょもつ かざり ほう 食卓しょくたく いわ 禿はげ 老人ろうじん むす つづ ばつ 悪口わるくち 以上いじょう こわ 精神せいしん
題名が同じ作品
ジャン・クリストフ:01 序 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)