“表現”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
へうげん27.3%
あら27.3%
あらわ18.2%
あらわれ9.1%
ひょうげん9.1%
エキスプレッション9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
氏の人生を見るちにその底に横はつてゐる眞髓へてしまひます。そして、それを充實した意味の短かさを以て表現します。
三作家に就ての感想 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
頼みなきもの、捉へがたく表現はしがたく、口にしがたく、聴きわきがたく、忘れ易く、常なく、かよわなるもの、詮ずれば仏ならねどこの世は寂し。
第二真珠抄 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
見る見る乱脈な凄惨たらしい姿に陥って行く、その表現れて来る色と、形との無量無辺の変化と、推移は、殆ど形容に絶した驚異的な観物であったろうと思われる。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
さらにこれを換言すれば宇宙は「生命の本態」であり、森羅万象はその表現である。「個」の生命は「生命の本態」に通じ、「生命の本態」は「個」の生命に通ずる。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
クリストフはその音楽家になりました。音楽はいつも、思想感情をありのままに表現したもので、とじかにつながってるものでありました。
ジャン・クリストフ (新字新仮名) / ロマン・ロラン(著)
そうしてこれは希臘の詩だと答えられた。英国の表現に、珍紛漢の事を、それは希臘語さというのがある。希臘語は彼地でもそれ位ずかしい物にしてあるのだろう。