“偉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えら55.2%
おお9.9%
えれ7.0%
5.2%
5.2%
おほい4.1%
おおい4.1%
おほ3.5%
すぐ2.9%
きつ0.6%
えろ0.6%
おおき0.6%
おほき0.6%
たくま0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
い!……畫伯自若たるにも我折つた。が、御當人の、すまして、これから澁谷までつてるとふにはいた。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
あんな暗いじめじめしたところに居ながら、とあの細い茎や根のすみずみにまで行きわたって居る、生の力のきなのにびっくりした。
「知らねえと思ふ人間に何故聞かつしやるだ。」と百姓は蟷螂のやうにくれた顔をあげた。「これはあ、索靖といふえ方の書だつぺ。」
もし逆境の世にのぞんでいたら、もし輔佐の臣が良かったら——あるいはある程度までのひとには成れても、到底、なる主君ではあり得なかった。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
僕は一陣の風の中に餌ものを嗅ぎつけた猟犬のやうに、かすかな戦慄の伝はるのを感じた。——と云ふとらさうに聞えるかも知れない。
金春会の「隅田川」 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
また最終の夜と最始の晝との間に、これらの道のいづれによりても、かくくかくなるは爲されしことなし爲さるゝことあらじ 一一二—一一四
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
あわれ水よ、なる宇宙を三分して、その一を有する、瀬となり、滝となり、となり、のあたり我が怪しき恋となりぬ。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
けれどそれは所詮、菊池さんの持ち味といふべきもので、取つて範とするにはきすぎるし、矛盾だらけでひとには眞似られるものではなかつた。
折々の記 (旧字旧仮名) / 吉川英治(著)
もっと既にこの時世界の不況は大英の財界にも押し寄せて来て、彼の顧問会社の脈搏不整はこのれた財政家に騎士時代の革財布を丹念にうような閑道楽を許さなくなってもいた。
バットクラス (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
乳母 はれま、結構なお教訓ぢゃ、すがら此處居殘っても、聽聞がしたいわいの。てもま、學問いものぢゃな! 殿さん、貴方さしますことをさまにしましょ。
「庄さんも、うならしゃれたのう」
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
曽根は、今日は一日社も休み、「自分の生命」のために、そんな小さなことに煩わされずに、もっといことについて静かに瞑想しようと思うた。
六月 (新字新仮名) / 相馬泰三(著)
……つひふを、うです、……大牛一頭此方けてのそりとく。図体して野原にもつたいほど、い。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それに比べると、種牛は体格も大きく、骨組もしく、黒毛艶々として美しい雑種。持主は柵の横木を隔てゝ、其鼻面を撫でゝ見たり、咽喉の下をつてやつたりして
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)