“偉者”の読み方と例文
読み方割合
えらもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なあにから云わせると、相手がそういう偉者だから、かえって猿若成功し、帰って来るだろうと思うのさ」
南蛮秘話森右近丸 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
いま行ったのが祝朝奉さまのご三男、祝彪さまだよ。そして扈家荘のお一人娘、一という女将軍とは、お許娘になっている。なにしろ祝氏ノ三傑といわれる中でも、兄弟中で一番の偉者だそうな
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ジョン、お前は偉者だ!」と舵手が叫んだ。