“偉躯”の読み方と例文
読み方割合
いく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その偉躯とともに、武芸家として、また、世事に通じた大名らしくない大名として、平常辰馬の尊敬している兄でもあった。
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)
魯達はもう例の憲兵服をった偉躯を場末町にあらわして、安旅籠の魯家の入口に立っていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「これは汝の偉躯に似合うであろう」
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)