“偉観”の読み方と例文
読み方割合
いかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
双欄を通して、欄のには、大きな擬宝珠の太柱を建てた唐橋式の偉観をもって、新しき天下の大道——また文化の動脈となっていた。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
四階建ての真四角な鉄骨貼りの煉瓦の建物が五つ六つ押しならんでいるところは、まことに偉観であった。
階段 (新字新仮名) / 海野十三(著)
みれば安土の城頭の巍然たる金碧もまさに天下布武そのままの偉観ではあったが、やはり官兵衛の心を深くとらえたものは、この際でも、彼方に打振る一本の日の丸の扇にくはなかった。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)