階段かいだん
出来ることなら、綺麗に抹殺してしまいたい僕の人生だ。それを決行させては呉れない「彼奴」を呪う。「彼奴」は何処から飛んできて僕にたかったものなんだか、又はもともと僕の身体のうちに隠れていたものが、或る拍子に殻を破ってあらわれ出でたものなんだか …
作品に特徴的な語句
しま とどま とど だね あわ 麗人あでびと 決定きめ うつろ ひっ こまか きわ かさな かわ さかさ ころが こお ゆら きび かえっ 白昼はくちゅう 彼奴きゃつ のち しま まとま 絞殺こうさつ いま あや うなず こわ はぎ から ひそ おもんばか 所在しょざい 土蔵どぞう まなこ 見計みはから にな まぶ おぼ ゆびさ ちゅう 呻吟うめ 直下すぐした いん ついや すべ 足跡そくせき 両端りょうたん ねがい しゃが 乾枯ひか あか 淫猥いや らん よう 輪挿りんざ 逃亡とうぼう さわや あいだ ほがら にわ 閑散かんさん 気懸きがか 画鋲がびょう 絢爛けんらん 浅間あさま すべ にじ 漂泊ひょうはく 素人しろうと はず うかが 突立つった 濃厚のうこう 甘美かんび 真赤まっか 看守かんしゅ まゆ 省電しょうでん 甲斐かい あざ 膝頭ひざがしら 犯跡はんせき 用心ようじん
題名が同じ作品
階段 (新字旧仮名)牧野信一 (著)