“撮”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つま49.8%
34.5%
うつ11.9%
1.7%
つまみ1.3%
つめ0.4%
とら0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そこでお召食る、む、これはえ。」と舌鼓、「餓鬼えめえよ。」と小児にも与えて散々に喰散らす、しからぬことなり。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
池へ投身しようとして駆けて行くところで、スクリーンの左端へ今にも衝突しそうに見えるようにっているのも一種の技巧である。
映画雑感(Ⅲ) (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
両親並びて、五六歳の男児の父の膝にりたるは、武男が幼きころの紀念なり。カビネの一人しの軍服なるは乃舅片岡中将なり。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
勿論素跣足で、小脇したものをまゝつてたが、れば、目笊充滿ながらんだであつた。
山の手小景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
それをあの子は知らなんだ。昼間も大抵一人でいた。盆栽の花に水を遣ったり、布団のったり、扉の真鍮を磨いたりする内に、つい日はってしもうた。
「お忘れあそばすな」と言ふさへに力籠りて、その太股れば、貫一は不意の痛にらんとするを支へつつ横様に振払ふを、満枝は早くも身を開きて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
等は従来から有つた型で今年の新流行と云ふ物はだ出ない様だ。明日にも屹度帽子屋が新へて知名な女優に贈りつた姿を写真にせて貰つて一般に流行らせる事であらう。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)