“とら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トラ
語句割合
31.7%
27.0%
14.1%
12.1%
7.5%
2.1%
1.1%
0.9%
0.6%
0.5%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
大虫0.1%
奪取0.1%
徴兵0.1%
捕捉0.1%
捕縛0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
逮捕0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さん・せばすちあん」は船長をえ、もう一度熱心に話しかける。船長はやはり冷笑したきり、何とも彼の言葉に答えないらしい。
誘惑 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「どうだかね。ああくようじゃ」と三沢は答えた。その表情を見ると気の毒というよりむしろ心配そうなある物にえられていた。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
これからはいよ/\おどの大役なり、前門後門にもにもらしき、あたら美玉をつけふは
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
さうして愛情結果が、のためにされて、へる出來なくなつたのを殘念がつた。御米はひたすらいた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
すなわちの月をもって正月と定めた根源は、昔もやはり温かい国の人の経験をもって、寒地の住民に強いたことは同じであった。
雪国の春 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
隷官はその乞児に意味があるだろうと思って、すかさずえて庁に帰った。張廷栄は再三これを鞫問した。それは猴の主人を毒殺した相手の乞児であった。
義猴記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
佐分利は二年生たりしより既に高利の大火坑にちて、今はしも連帯一判、取交五口の債務六百四十何円の呵責るる身の上にぞありける。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
城下を為すの恥を思わず、かえって忠貞をえて忌疑を抱く。白映を議す長崎の港、聖東地をる下田の
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
企は失敗して、彼らはえられ、さばかれ、十二名は政略のために死一等をぜられ、重立たる余の十二名は天の恩寵によって立派に絞台の露と消えた。
謀叛論(草稿) (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
下等女の阿婆摺を活動力に富んでると感服したり、貧乏人の娘が汚ない扮装をしてめず臆せず平気な顔をしているのを虚栄にわれない天真爛漫と解釈したり
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
しとてりて參りし處惡い駕籠舁どもに付込れ當底かれ乘て參りたるが今頃は此熊谷土手の中程にて路金も女も定めしれ給ひしならんアヽ思ひ出しても可愛さうな事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
〔評〕幕府勤王の士をふ。南洲及び伊地知正治海江田武治等尤も其の指目する所となる。僧月照嘗て近衞公の密命みて水戸に至る、幕吏之をむること急なり。
しかるに彼らはヨブの哀哭の語に接してその言辞にえられてその心裡を解するわず、ますます彼らの推測の正当なりしを悟り、ここにヨブを責めてそのかなる罪を懺悔せしめ
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
無益の彫刻藻絵を事とするをめたるが如き、まことに通ずることくしてえらるゝことく、文武をねて有し、智有をせて備え、体験心証皆富みて深き一大偉人たる此の明の太祖
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
一刀ては茫然げば花漬めせと矯音す口元の愛らしき工合、オヽそれ/\と影をえて、一ト突いては跡ずさりしてめながら、幾日の恩愛けられたり扶けたり
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「そこをお渡りになつて、此方燈籠がございませう、あのとお出で下さいませんか。一枚して戴きたい」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
唐義浄訳『根本説一切有部毘奈耶破僧事』巻十五に昔波羅痆斯城の貧人山林に樵して一大虫に逢い大樹に上ると樹上に熊がいたのでれて躊躇う。
現に、一日市で通っている駅名も、元々、この町の名で呼び慣らされていたものだったけれども、いつのまにか奪取れてしまっていた。居眠りをしていたせいである。
凍雲 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
「な、お父つあ、来春俺が徴兵れたら、こりゃお互様のことになるだ。俺、一寸、行って来るよ。」
前夜 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
その陰影捕捉へがたき Passion の色
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
それと感付くと役人達は、がぜん態度を一変させ、彼等を捕縛えようとめいた。
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
満枝はまに宮をへても動かせず、に貫一を見返りて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
ふかヱイと二人を左右へ一度に投付れば惡漢共天窓を抱へ雲をと逃失けり藤八は後見送りおつなせりふの機會からヤア逃るは/\時に御旅人怪我は無かと九助を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
等は従来から有つた型で今年の新流行と云ふ物はだ出ない様だ。明日にも屹度帽子屋が新へて知名な女優に贈りつた姿を写真にせて貰つて一般に流行らせる事であらう。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
白坊主」とそつけなくいつた。といふのがでさういつたのである。博勞はうまくへた得意つて村落中かせた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
金をかす日影椎の梢に残り、芝生はすでに蔭に入り、の声何処からともなく流れて来ると、成人も子供も嬉々として青芝の上の晩餐の席に就くのである。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
子、(拘)わる。曰く、文王に没したれども、文は(吾が身)にあらずや。天のの文をさんとするときは、後死者(孔子自らいう)は斯の文にるを得ざるべし。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
冬十月戊辰己巳、皇子大津謀反発覚はれぬ。皇子大津を逮捕ふ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)