“つら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツラ
語句割合
46.2%
23.1%
9.4%
7.3%
3.2%
1.8%
1.7%
1.7%
1.1%
1.0%
0.6%
0.4%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
面相0.2%
0.1%
0.1%
刺貫0.1%
厭苦0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
辛苦0.1%
醜面0.1%
醜顔0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
顔面0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あのに、げんこつをくらわせることはなんでもない。だが、が、をいれてったら、あのけてしまいはせぬか?」
からす (新字新仮名) / 小川未明(著)
しかもこの老貴婦人の憐れな話し相手リザヴェッタが、居候と同じようない思いをしていることを知っている者は一人もなかった。
なまなましい昨夜の感懐は彼の脳裡にまざまざ書きねてある。握った筆は、それを文字に改めて紙の上に定着させるだけである。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
それから永楽町の電車停留場の方へ行くと、左側のバラックには何とか活動写真株式会社とあって派手な絵看板が沢山掛けねてある。
丸の内 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
まだ電燈にはならない時分、廻廊の燈籠の白い蓮華なったような薄あかりで、舞台に立った、二人の影法師も霞んで高い。……
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そぎやんこつ云ふた奴のば見たか。わしや、辛棒ていふこたあ、大好かん。そんかわり、人がなんと云ふたてちや、いたこたあ、すツたい。
牛山ホテル(五場) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
仙「えお侍、訳は知りませんがこれは仲の幇間で、一人は通り掛りの者だ、え町人をめえて御詫を云わなくッても宜かろう、エお侍」
三年越しの流浪にて、乞食の境遇にも、忘れ難きは赤城の娘、姉妹ともさぞ得三に、憂いい目を見るならむ。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
道を転じて静緒は雲帯橋の在るへ導けり。橋に出づれば正面の書院を望むべく、はや所狭きまで盃盤ねたるも見えて、夫は席に着きゐたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
かれその天の日矛の持ち渡り來つる物は、といひて、珠二、また比禮る比禮、風振る比禮、風切る比禮、またつ鏡、つ鏡、并はせて八種なり。
權「世話アやかす奴だな、それまれ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「だつてお、おだが、あのをつかめえて、牛切小町なんて、おらうぢやねえか。」
鑑定 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
その時分の夫婦の活計は苦しいい月ばかり続いていた。宗助は流産した御米のい顔を眺めて、これも必竟は世帯の苦労から起るんだと判じた。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「ざっとこう云う経過だ」と説明の結末を付けた時、平岡はただる様に深い溜息て代助に答えた。代助は非常にかった。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
やと容子を尋ねけるに親十兵衞が云々にて年貢のお金に差支ころなく身を時宜なれば何卒おへ下されたく如何樣しひ事成とも御主人大事御客樣
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
この同じ屋根の下に旦那様と御二人で御暮しなさるのは、それほどいと御思召すのでした。御器量から、御身分から——さぞ、あの巡礼の目には申分のない奥様と見えましたろう。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
雁のは正しいものであるが、時にはその声々に誘われたように後列の雁が翼を振って前列を追いぬけることがある。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
支金庫の役人といえば、面相がお粗末で、風采のあがらないことで特に知られているものだ。
が、そうは思ったものの、自分の今の場合、折角探しあてた宝をむざ/\他人に遊ばれるのは身を斬られるようにい。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
私はそんなことを思って打壊されたい心と、面と向って突掛られる荒立つ心とを凝乎と取鎮めようとしていた。他の二人も暫時黙って座が変になっていた。すると饗庭が
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
ならこの足で直ぐ醫者へつて行つて、見て貰つて來ようぢやないかと、私は氣を引き立てるやうにさう言つたが、それよりも早くへ歸つて横になりたい、醫者へ行かなければならないやうなら
金魚 (旧字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
そうして次の瞬間には、火星兵団の宇宙艇隊は、ロケット隊のまん中を刺貫ぬくように飛込んで来た。勝ち負けは、その瞬間にきまってしまった。
火星兵団 (新字新仮名) / 海野十三(著)
世の中は不患議なもので、わたしもそのまま死にもせず、あれから幾十の寂しさ厭苦さをした上でわたしは漸々死にました。
結納の品々する者、雑誌など読みもて行く者、五人の子を数珠繋にして勧工場る者、彼等は若干の得たるところ有りて、如此く自ら足れりとるにかあらん。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
つまり私は一般を心得た上で、例外の場合をしっかりまえたつもりで得意だったのです。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
忙はしげに筆を走らせ、小をんなが持て來る一盞の咖啡の冷むるをも顧みず、明きたる新聞の細長き板ぎれに挿みたるを、幾種となく掛けねたるかたへの壁に、いく度となく往來する日本人を
舞姫 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
頑民は殺し尽すべし、遺老は寿命が来れば死ぬ。辮子はもはやとどめ得た。(長髪賊の領袖)がまたもや騒ぎ出した。わたしの祖母がかつて語った。その時の人民ほどいものはない。
頭髪の故事 (新字新仮名) / 魯迅(著)
考えても軽部が私にくあたってくる気持ちが手にとるように分って来て
機械 (新字新仮名) / 横光利一(著)
けれど吾等勞力無益とならで、いたのは、かれこれ小半日てから三里を、六時間以上とは速力ではあるが、それでも辛苦かつた。
思わず【なんちう醜面だ!】そう口走って後へ飛びのいた。
(新字新仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
振りかへつて見ると、そこにゐるのはバサウリュークだ! いやはや! なんといふ醜顔ぢやらう! 髪の毛はごはごはして、眼の玉がまるで牡牛のそれのやうぢや。
奧へ通さぬは如何なるなるや知つてならばすべしと尋ねければ流石丁稚のことゆゑれ其事柄はき譯を知ね共先生よりお浪さんへ艷書
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
宣言書==其は頭から尻尾まで、爆發した感情の表彰で、激越め、所謂阿父のき付けた意味のものであツた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
の事と學生は振返ツた……其のへ、風をツて、がパタンとる……響は高く其處らへ響渡ツた。學生は唇を噛みを握ツて口惜しがツたが爲方が無い。悄々と仲間の後を追ツた。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
仙「そんな事を盗賊に云ったって仕様がねえ、悪々しい顔面アしてえやがるナ」