白花の朝顔しろばなのあさがお
「あんた、居やはりますか。」 ……唄にもある——おもしろいのは二十を越えて、二十二のころ三のころ——あいにくこの篇の著者に、経験が、いや端的に体験といおう、……体験がないから、そのおもしろいのは、女か、男か。勿論誰に聞かしても、この唄は、女 …
作品に特徴的な語句
ずこ たち もつ あて やッ ひッ かすみ ささ つごもり いつく 外面そとづら うつく 不可いけま ふり いと てあい そッ たん さが ある 交代かわり 仰向あおの 群衆たか メス 身代しんしょ ぞろい つき よし ゆき つま 背負しょい とこ ひと よろし なれ やさし はじめ 湿 出入ではいり 押付おッつ 的確さだか おのず たび 車夫わかいしゅ 退さが はから ことば じゅ ちぎ おく ちご とも 店前みせッさき あらた ごし きたな さかん くず おぶ たしな つまびらか ころが 洒落しゃ とお 過失あやまり なまめ くれない 寂然しん 可恐こわ すそ こまか まつ 南瓜とうなす 前刻さき ぜん 牛肉ぎゅう 彼地あっち 点滴したたり わき なり えり 肝魂きもだま さかさま 芸妓げいこ おおい 手帖ノオト ひっ 入込いれご こまや 以前まえ ふたつ 薄紅うすあか ことわ 一杯ひとつ