白花の朝顔しろばなのあさがお
「あんた、居やはりますか。」 ……唄にもある——おもしろいのは二十を越えて、二十二のころ三のころ——あいにくこの篇の著者に、経験が、いや端的に体験といおう、……体験がないから、そのおもしろいのは、女か …
作品に特徴的な語句
野分のわき 浅葱あさぎ 祇園ぎおん 肌理きめ ひよどり 撞木しゅもく かけひ 耳許みみもと 掻巻かいまき 編輯へんしゅう 般若はんにゃ 不束ふつつか 花片はなびら すし 蓮華れんげ 不忍しのばず 弥生やよい 緋鯉ひごい 大尽だいじん 栄螺さざえ 三和土たたき 仕来しきた 御挨拶ごあいさつ 花簪はなかんざし 一歩ひとあし 夥間なかま 台辞ぜりふ 山内さんない 円髷まるまげ 湯呑ゆのみ 杜若かきつばた 紫苑しおん 赤蜻蛉あかとんぼ 串戯じょうだん 他家よそ 壬生みぶ どう 不知火しらぬい 緋色ひいろ 駕籠舁かごかき 紺青こんじょう 中空なかぞら 束髪たばねがみ 狒々ひひ 艶麗えんれい 伊達巻だてまき 天降あまくだ 枝垂しだ 入谷いりや 隣室となり 暗夜やみ 薄紅うすあか 熱燗あつかん 山谷さんや 洋杖ステッキ すそ 鰐口わにぐち くすのき 撫肩なでがた りん しぶ 指揮さしず 舞妓まいこ さけ かた 妖術ようじゅつ 懐紙ふところがみ 気忙きぜわ ねり 驚破すわ 高髷たかまげ 冷酒ひやざけ みぎり 挿画さしえ 名聞みょうもん 広袖どてら 店前みせッさき 盃洗はいせん 揮毫きごう 媒妁なこうど 崖下がけした 洛中らくちゅう 裸身はだかみ 退引のっぴき 惣菜そうざい 慙愧ざんき 一掴ひとつか 小肥こぶと 浜町はまちょう 蝦蟆がま 大髻おおたぶさ 微禄びろく 逢魔おうま 鴨川かもがわ 柔順すなお うすもの 十六夜いざよい 突張つっぱ 一跨ひとまた