“身代”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しんだい66.3%
みがわ8.4%
みのしろ7.4%
みがは4.2%
みがわり3.2%
しんしょ2.1%
みがはり2.1%
しんでい1.1%
くめん1.1%
くらし1.1%
しんしょう1.1%
しんたい1.1%
みが1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さア、こゝは、きみちやんなんかの働くには、日本一のいゝ場所なんだからね。ひと身代つくるつもりで、どし/\働いてくんな」
天国の記録 (旧字旧仮名) / 下村千秋(著)
三毛子の身代りになるのなら苦情もないが、あの苦しみを受けなくては死ぬ事が出来ないのなら、誰のためでも死にたくはない。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
すぐに駕籠を呼べとでも言いそうな気色なので、治六はを越して八橋の身代を訊くと、次郎左衛門は知らないと言った。
籠釣瓶 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
身代りにつてすつたやうなものだから、此方つたら、おねて、る、お一所日參しようね。
浅茅生 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「手が墨だらけになりますと云うのに。貴娘そんな邪険な事を云って、私の手がお身代に立っている処じゃありませんか。」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
肉の薄いのは身代せたのではない。大人は評判の蓄財家で、勤倹の徳は、範を近代に垂るるといっても可いのですから。
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
身代れとふ。黄金め、せ、とずるのではいから、前途光明いて、かに第一歩辿た。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
此の身代る事もありますまい、人の難儀を救わねえのが開化のいでございますか、私は旧弊の田舎者で存じませぬ、もう再び此のへはまいりません只今貴方のしゃった事は
彼様身代のよくなるのも、とは悪い事をして居るだろうぐらいの話をして居る奴もあるから、殺した跡で世間体がいから、死骸でも引取って、とかとか名を付けて
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
殺すことは古今の強惡なり始終は白刄と成べし必定々々此後は屹度止られよと云たることも三五郎から聞たるぞ今では汝れも大造身代に成たに付昔しので三五郎も一年越の不仕合故度々無心には行しが都合惣計金八十三兩たに相違は無しサア/\此方からして盜人上前
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
何も、雀にけて身代の伸びない愚痴を言うのではない。
二、三羽――十二、三羽 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
とりたり日々りにじければさしもの身代漸々享保十月夷子講には二百不足のお番頭八と申せ亭主三郎にと申ける故三郎と雖も親類一家はよりりを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
が、まもなく、新吉がきえちゃんの身代わりになってをやったのだと知ると、どこまでも意地悪でつむじ曲がりの団長は、こんどはそのことを怒り出しました。
曲馬団の「トッテンカン」 (新字新仮名) / 下村千秋(著)