二、三羽――十二、三羽に、さんば――じゅうに、さんば
引越しをするごとに、「雀はどうしたろう。」もう八十幾つで、耳が遠かった。——その耳を熟と澄ますようにして、目をうっとりと空を視めて、火桶にちょこんと小さくいて、「雀はどうしたろうの。」引越しをするごとに、祖母のそう呟いたことを覚えている。「 …
作品に特徴的な語句
おもいもの 身代しんしょう はお 露出むきで 露台みはらし ぎり うまうま となえ おり うずも 些少ちと くね きまり いっ 嬰児あか 若衆わかいしゅう しずか かお いい つッ うららか 上町うわまち もの がたり ちっ 湿 ふま ちいさ よそ 容易やさし へッつい かつ きもの 催促やっ 墓詣はかもうで 遣放やりばな 着替きがえ まつわ たすか ほし にぎやか 滑稽おど かこつ ことば 今日こんち おく 一風いちかぜ っか そなえ おおき しん やわらか 扇子おおぎ ひらき 出張でっぱ あぎと さかり 木兎ずく 闇黒くらがり あかる ゆる わざ 巴里パリイ 岩殿いわとの 引抓ひッつま 引板ひた 強請ねだ 黄金おうごん 嬰児あかんぼ とま 女親おふくろ おもい 悄気しょ ごみ 坂下さかさが つる 押廻おしまわ はさま 一日いちにち くく のど 閑寂しずか けん 可笑おかし むらが 可恐こわ 可哀あわれ ゆわ どころ ステッキ うら 清浄きれい