二、三羽――十二、三羽に、さんば――じゅうに、さんば
引越しをするごとに、「雀はどうしたろう。」もう八十幾つで、耳が遠かった。——その耳を熟と澄ますようにして、目をうっとりと空を視めて、火桶にちょこんと小さくいて、「雀はどうしたろうの。」引越しをするごと …
作品に特徴的な語句
土瓶どびん 修羅しゅら 背戸せど 盂蘭盆うらぼん ひよ 夜鷹よたか 年月としつき 枝折戸しおりど たで 平家へいけ ろう 枇杷びわ 縁日えんにち 瑪瑙めのう 可懐なつかし 退治たいじ 絨毯じゅうたん 逗子ずし 他愛たわい 張子はりこ 日盛ひざかり 一叢ひとむら 茅葺かやぶき 島田髷しまだ 一本ひともと 催促やっ 椋鳥むくどり 居睡いねむり むぐら 鳥籠とりかご 花活はないけ 半歳はんさい 串戯じょうだん 可哀相かわいそう 中空なかぞら 焜炉こんろ 鳴子なるこ そそ 或時あるとき 後足あとあし 端居はしい 火桶ひおけ 頂辺てっぺん 駈出かけだ 水上みなかみ 頬白ほおじろ 撫肩なでがた 飛石とびいし 藁屑わらくず 乗出のりだ 物干ものほし 縦横じゅうおう 蟷螂とうろう 飛込とびこ へん 頃日このごろ 烏瓜からすうり 崖下がけした 庭下駄にわげた 瓦屋根かわらやね 御免蒙ごめんこうむ 露草つゆくさ 青芒あおすすき 振向ふりむ 築土つくど 飜然ひらり 茅屋あばらや 闇黒くらがり 侘住居わびずまい 皓歯しらは 脊筋せすじ 駈上かけあが 卯月うづき 秋雨あきさめ 御飯おまんま 生茂おいしげ 掛物かけもの 掻乱かきみだ 杉箸すぎばし 色白いろじろ 相成あいな しん 観音かんおん てん 真個ほんとう 素裸すはだか 手招てまね 打撞ぶつか 風車かざぐるま 身代しんしょう 夥多おびただ 出張でっぱ 待兼まちか 御人ごじん 真黄色まっきいろ 雨落あまおち 禁厭まじない 真正面まっしょうめん