“木兎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みみずく45.5%
みみづく21.2%
みゝづく15.2%
ずく9.1%
づく9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それを当て込みに、臨時の休み茶屋や食い物店なども出来る。柿や栗や木兎などの土産物を売る店も出る。まったく平日と大違いの繁昌でした。
半七捕物帳:58 菊人形の昔 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
のゆがんだ木兎は牛に踏ませてやりませうか、馬に踏ませてやりませうか、うしろの沼へ捨てませうか
都会と田園 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
茶話子は詩人と婦人と木兎とは大好きだから、この三者からの申込みだつたらどんな事でも信用する。
……其時、おや、小さな木兎、雑司ヶ谷から飛んで来たやうな、木葉木兎青葉木兎とか称ふるのを提げて来た。
玉川の草 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
二晩目からは何うすることも出来ない木兎になつてしまつて、午後になつて、さて眠つたとなると大いに近所に迷惑を掛けてしまふんだ。