“青葉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あをば55.3%
あおば42.1%
おおば2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
君が御名の井の、のほとりの常磐木や、落葉木若葉して、青葉となりて、落葉して、また年と空宮に年はりぬ四十五
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
になると、きました。ちょうどその全体られるようにみえました。になると、青葉でこんもりとしました。
明るき世界へ (新字新仮名) / 小川未明(著)
もう景色いたものは、って右手中腹に、青葉がくれにちらちらえるつの丹塗のおでございました。