“夏”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なつ96.0%
2.7%
0.4%
なっ0.4%
なる0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
になると、屋根れました。は、ときどき、それらのうつりかわる自然して、ぼんやりながめましたが
ちょうと三つの石 (新字新仮名) / 小川未明(著)
私はしばしばの礼制の話をするが、夏の子孫の国である現在のには、私のいうことを証拠立てるようなものが何も残っていない。
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
われ等がこの里の名を聞くや、直ちに耳の底に響きるは、松風玉を渡るがごとき清水の声なり。の水とて、北国によく聞ゆ。
一景話題 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
少年「うそだよ、きっとちゃんの空耳だろう」
(新字新仮名) / 竹久夢二(著)
ああ、になって、みたいもんだ。そして、あのしい黄金色たいものだ。、なんというたちはまたとおすることができるだろう。
ものぐさなきつね (新字新仮名) / 小川未明(著)