“夏時”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かじ75.0%
なつどき25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
而して駒ヶ嶽登臨の客は多くこの地よりするを以て、夏時白衣行者陸續としてを接し、旅亭は人を以てめらるゝと聞く。
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
 夏時白木の弓に弦を張ればげるとて秋冷の候を待ちてするなり。故に秋風やと置けり。されどもそればかりにては理屈の句にて些の趣味なし。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
にむじなともいひますが、これは地方によつてさういふのでたぬきもむじなとじです。また穴熊のことをむじなとよぶ地方もあり、夏時のたぬきのことをむじなといふところもあります。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)