“かじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
33.8%
14.3%
13.2%
鍛冶10.6%
4.6%
4.1%
加持3.7%
火事2.4%
2.0%
2.0%
1.0%
1.0%
0.7%
夏時0.5%
0.5%
0.5%
0.3%
家事0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
花時0.3%
0.3%
0.2%
佳児0.2%
加治0.2%
卦辞0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
家慈0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
箇寺0.2%
0.2%
舵丰0.2%
0.2%
轅棒0.2%
鍜冶0.2%
𪘂0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女の好きな国文の素養があって、歌や韻文も上手なら芝居や音楽をもっていて、初対面のものを煙に巻く博覧の才弁を持っていた。
美妙斎美妙 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
将来性も十分にあるし、同じ乗るなら、こういう親船に乗って新時代のへ、生涯のを向けてゆくことこそ賢明だと考えていた。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ある冬の日の暮、保吉薄汚いレストランの二階に脂臭い焼パンをっていた。彼のテエブルの前にあるのは亀裂の入った白壁だった。
保吉の手帳から (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
丁度イタリーの南方リパリ群島中一火山島たるヴルカーノをローマの鍛冶たるヴルカーノの工場へたのと同樣である。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
の外へ躍出でて、虚空へさっと撞木いた風に乗って、いが火焔のようにったのを、よくも見ないで
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「松本ではおどのがご病気だそうで、おまえにひとめ会いたいから四五日のつもりで来て呉れるようにと、お使いの者が来られたのだ」
日本婦道記:糸車 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
覚念坊の蛇除のお加持は、たいへんにいやちこだというので、さっそく迎えて加持をさせたところ、これは、金井の蛇塚の蛇姫様を殺した祟りで
顎十郎捕物帳:15 日高川 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
火事には防火樹として非常かずにみ、にはすらはれることがあることもれてはなりません。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
小「これは有難う、歩くと喉が渇くからへ入れてりながらきます、この風呂敷は大きいから大丈夫、宜うございます」
私も少しは漢方医の事は聞きって居るものですから、それでまあどうにか自分の知って居る範囲内で薬を盛ってやりますと不思議に病人が治るです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
と、何処でかキャンキャンと二声三声犬の啼声がする……と耳を引立って見たが、もう其切で聞えない。隣町あたりでけたような物売の声がする。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
車夫はき入れず——あるいは聞えなかったかもしれぬ——を下におろし、その老女をいたわりけ起し、身体を支えながら彼女に訊いた。
些細な事件 (新字新仮名) / 魯迅(著)
「誰も気がつかなかったそうですよ、船頭は舫っている時でも気が張っているから、や、の音を聞き逃すはずはないと言いますよ」
 夏時白木の弓に弦を張ればげるとて秋冷の候を待ちてするなり。故に秋風やと置けり。されどもそればかりにては理屈の句にて些の趣味なし。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
ヒロの舟と、並びにかの犬化して山と石になり、その島に現存すというのだ(一八七二年ライプチヒ版ワイツおよびゲルラントの『未開民史』六巻二九〇頁)
を仰ぎ待ちつる間に、已にの年を經て、姿體けてあれば、更に恃むところなし。
元正天皇、養老七年夏五月芳野離宮に行幸あった時、従駕の笠金村が作った長歌の反歌である。「白木綿」は(穀桑楮)の皮から作った白布、その白木綿の如くに水の流れ落つる状態である。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
よく重役が、しや、家事雑役などに、社員使用することがありますが、は、けっしていかなかったばかりでなく、そんなひまがあるときは、映画たり
兄の声 (新字新仮名) / 小川未明(著)
けたる花し散るなと茱萸折りて 不玉
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
を引き舟をぐっと進める音のやうに、火の矢が唸り飛ぶやうに、人々が叫びどたんばたんするやうに、兜にが鳴るやうに、殺されたものが海中にぶち落ちる音のやうに響きました。
父八雲を語る (新字新仮名) / 稲垣巌(著)
の音ゆるく太しや行々子
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
花時濹上佳 〔花時 濹上
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
味噌こしげてたのおつて米屋まではしくけつけたれど、りにはさのにしみてかみたれば五六軒てし溝板にすべり
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
味噌こし下げてたのおを手に握つて米屋のまでは嬉しく駆けつけたれど、帰りには寒さの身にしみて手も足もかみたれば五六軒隔てし溝板の上の氷にすべり
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「飽浦といえば、加治源太左衛門をさしてのことか」
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さて卦面に現われたるは、かくの通り『風天小畜』とござる、卦辞には『密雲雨ふらず我れ西郊よりす』
怖々四辺を見ると、瓜番小屋に人もいない様だから、まアい塩梅と腹がってらぬから真桑瓜を食しましたが、庖丁がないから皮ごとり、空腹だから続けて五個ばかり
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
気象学会より寄贈せられたる鑵詰をりてぎ、また寒気次第に凜冽を加うるといえども、器具散乱して寝具を伸ぶべき余地なく、かつ隔時観測を為しつつあるを以て、睡眠のを得ず
たぶんコーヒー沸しの熱にでもあたためられてったのであろうが、その虫が板をカリカリって出ようとしているのは数週間前から聞かれていた。
弘独リ走ツテ帰リ泣イテ家慈ニ訴フ。家慈嗚咽シテヘズ。メテ十歳家慈ニ従ツテ吉田ニ至ル。函嶺ユ。ニ春寒シ。山雨衣袂ル。キカツルコトシバ/\ナリ。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
昼間、子供達が板を尻に当てて棒でをとりながら、行列して滑る有様を信子が話していたが、その切り通し坂はその傾斜の地続きになっていた。そこは滑石を塗ったように気味悪く光っていた。
雪後 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
に見つかると悪いから乃公は自分の室へ駆け上がった。三時までは戸棚の中にでもれようかと考えていたら、お島が入って来た。乃公は突然り付いた。婦人と喧嘩する時にはを引張るに限る。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
やがて道人は壇の上に坐ってを書いて焼いた。と、三四人の武士がどこからともなしにやって来た。皆ろな頭巾って、を着、直衣を着けて、手に手に長いを持っていた。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「一箇寺の住職ぢやないから、食ふためには托鉢もやるでせう。深川の遠い親類に泊つたとわかつちや、三輪の親分でも縛つて置くわけに行きませんよ。飛んだの皮で」
ボートのを返して燈台の方へいだが、霧は深くなり、海はますます暗くなり、ともすれば暗礁に乗り上げそうであった。
おさなき灯台守 (新字新仮名) / 竹久夢二(著)
私たちはジョホール河のベンゲラン岬から、馬来人舵丰を執り、乗客も土人ばかりのあやしいまで老い朽ちた発動機船に乗った。
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
歌川を着けさせ俊雄が受けたる酒盃を小春にがせておまじいとよりい世辞この手とこの手とこう合わせて相生の松ソレと突きやったる出雲殿の代理心得、間
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
轅棒で、あの巻斑のあるを分けたのであるから。
七宝の柱 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
茶微塵松坂縞広袖厚綿の入った八丈木綿の半纒を着て、目鏡をかけ、行灯の前で其の頃鍜冶の名人と呼ばれました神田の地蔵橋の國廣の打ったと、浅草田圃の吉廣
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
林檎の皮ごとぼりぼり𪘂り歩いている女学生も交じっていた。
ベルリン大学 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)