“雑役”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ざつえき66.7%
ぞうえき33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朝、首を揃えて集まると、その日その日、いろんな雑役を親方から命じられる。杭打ちと称するヨイトマケの女たちも手甲脚絆で大勢集まった。
それを雑役が(と言っても、俺たちと同じリュウコを食ってる奴が雑役として働いていたのだ)いそいそと分けて回った。
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)
「庁の役人や雑役も、多勢やって、さっそく手入れ掃除などさせおきましたゆえ、いつなりと御宿所入りを」
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
通りかゝりの百姓衆に、棕櫚縄蠅頭に結ぶ事を教わって、畑中に透籬を結い、風よけの生籬にす可く之にうて杉苗を植えた。無論必要もあったが、一は面白味から彼はあらゆる雑役をした。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)