忘れ残りの記わすれのこりのき――四半自叙伝――しはんじじょでん
おもいがけない未知の人から、ぼくらは常々たくさんな手紙をうける。作家とか何とか虚名をもった種類の人々はたぶんみなそうではないかとおもう。つい先頃もその中の一通に中野敬次郎とした封書があった。小田原市教育委員会事務局の封筒である。読者かナ、と …
作品に特徴的な語句
チェン ぱず ちゃ かか がら キフ はず ちが どう ぞこな 羞恥はじら ぐわ いき あか ため 飯櫃ひつ ごしら むな はず いかめ なず 彼女あいつ なか まだ ダース かく びん いた ふさ いと あた わら うれ くら はず かね はん しず つく 前垂まえだ あざ いたわ まご しゃ 幕間まくあ もぐ 幾何きか 不可いか くみ はず ひで じゅ 外交そと ごう 爪弾つまび しつ かげ 棟割むねわ 美味おい 贔屓びいき あか 竜頭たつがしら 木履ぽっくり もと たず ひる 性懲しょうこり おこ きれ たきぎ しな 山手やまのて 寿ことぶき はなぶさ 干魚ひもの かばね にな