“亀”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
かめ92.4%
かじ1.5%
かじか1.5%
かめのこ1.5%
がめ1.5%
ひゞ1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自動車のタイヤのやうな円い浮袋もあれば、8の字のや、また、鵞鳥などの首のついた、乗つて泳げる浮袋などもあります。
プールと犬 (新字旧仮名) / 槙本楠郎(著)
味噌こし下げてたのおを手に握つて米屋のまでは嬉しく駆けつけたれど、帰りには寒さの身にしみて手も足もかみたれば五六軒隔てし溝板の上の氷にすべり
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
め見れば、鈎※、綸など、れに紊れ、処々に泥土さへ着きて、前回の出遊に、雪交りの急雨にひ、手の指みて自由利かず、其のまゝ引きくるめ、這々の体にて戻りし時の
元日の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
ついていればこそ返しにくい。返した暁に推察の通りであったなら、それこそ取り返しがつかぬ。かつてに聞いた事がある。首を出すと打たれる。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
みのひきたるごとき者、したる牛の首あげたるごとき者あり、月島星島桂島せるがごときが布袋島なら立てるごときは毘沙門島にや、勝手に舟子が云いちらす名も相応に多かるべし。
突貫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
だ東京で三年前に買つたのをつて居る僕の帽も連中みた鳥打帽やれた山高帽に比べれば謙遜する必要は無かつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)