“亀井戸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かめいど89.5%
かめゐど10.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
国貞はから大川橋へ廻って亀井戸住居まで駕籠を雇い、また鶴屋は両国橋まで船をぎ戻して通油町の店へ帰る事にした。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
亀井戸金糸堀のあたりから木下川辺へかけて、水田と立木と茅屋とが趣をなしているぐあいは武蔵野の一領分である。ことに富士でわかる。
武蔵野 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
江東梅園も臥龍梅と一しよに滅びてしまつてゐるであらう。水田の木のあつた亀井戸はかう云ふ梅の名所だつた為に南画らしいを具へてゐた。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
午後から亀井戸龍眼寺書院俳諧運座があるといふので、蘿月はその日の午前にねて来た長吉茶漬をすました小梅住居から押上堀割柳島へと連れだつて話しながら歩いた。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)