“井戸端”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いどばた71.4%
ゐどばた28.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千三は井戸端へでて胸一ぱいに新鮮な空気を呼吸した、それからかれはすっぱだかになって十杯のつるべ水を浴びて身をきよめた。
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
いちじくの葉かげから見えたのは、しごき一つのだらしない寝巻き姿が、楊枝をくわえて、井戸端からこちらを見て笑っている。
耽溺 (新字新仮名) / 岩野泡鳴(著)
いで遺跡さぐりにき、貝塚だらけにつてり、掘出したる土器破片背負ひ、うしてつて井戸端ふ。
井戸端にぼつさりとりながら日中さにぐつたりとれて鳳仙花の、やつとつて手拭れてぼろつとちた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)