ああ玉杯に花うけてああぎょくはいにはなうけて
豆腐屋のチビ公はいまたんぼのあぜを伝ってつぎの町へ急ぎつつある。さわやかな春の朝日が森をはなれて黄金の光の雨を緑の麦畑に、黄色な菜畑に、げんげさくくれないの田に降らす、あぜの草は夜露からめざめて軽やかに頭を上げる、すみれは薄紫の扉を開き、た …
作品に特徴的な語句
ファザー 尖端とっぱな げん じょ ぱし あら ゆう 調節ハーモニー しょう よそ おわ はく しょう しも しん りゃく ぞう づら 何人なにびと 捕手ほしゅ あから かみ 微笑びしょう 一歩いっぽ とう おそ 気狂きぐる ぎょ 竿かん 逆上ぎゃくじょう がた こく くっ いわく 今日こんち しょ のぞ おと つの おっと あめ そん あい 皇国こうこく 斑々はんぱん はい 迅速すばや 疲労ひろう とお じょう あぶ いっ べん 等閑とうかん 町人まちびと すけ 刻々こっこく 鉄面めん ぴょう けん しゅ きず せい へり 幾何きか もと つか いつ 青苔せいたい 感染かんせん たましい 首筋くびすじ おん ちぢ 疾風しっぷう 豊公とよこう かん 縁端えんばた 薄紅うすべに すか むね 卓上たくじょう