“井戸流”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いどながし50.0%
ゐどながし50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御米はある日裏にいる下女に云いつける用ができたので、井戸流に置いたの傍まで行って話をしたついでに、へ渡ろうとして、青いの生えているれた板の上へ尻持を突いた。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
御米はあるにゐる下女ける出來たので、井戸流いた傍迄つてをしたに、らうとして、へてゐるれた尻持いた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)