“井戸水”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いどみず50.0%
ゐどみづ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“井戸水”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
こうは、毎日まいにち、もうおついえ井戸水いどみずきた時分じぶんだが、どうしているだろうと、ようすをうかがっていましたが、格別かくべつおついえではこまっているようなようすがえませんでした。
神は弱いものを助けた (新字新仮名) / 小川未明(著)
近所きんじよでは、三人さんにんにましたさうですね、どくはひつた井戸水ゐどみづんで……大變たいへんことりましたなあ。」
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)