“井戸辺”の読み方と例文
読み方割合
いどばた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
井戸辺に出ていたのを、女中が屋後に干物にったぽっちりのられたのだとサ。矢張木戸が少しばかしいていたのだとサ」
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
そして、朝になって起きようとしたところが、体の工合がへんですぐには起きられなかった。しかし、十時から試験があるので努めて起きて、井戸辺へ顔を洗いに往った。
雀が森の怪異 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
窓の下は炭俵が口を開けたまま並べてある場処で、お源が木戸から井戸辺にゆくには是非このを通るのである。
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)