“内井戸”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うちいど66.7%
うちゐど33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“内井戸”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.3%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
遠くで、内井戸うちいどの水の音が水底みなそこへ響いてポタン、と鳴る。不思議に風がんで寂寞ひっそりした。
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
敷居の外の、こけの生えた内井戸うちいどには、いまんだような釣瓶つるべしずく、——背戸せどは桃もただ枝のうちに、真黄色に咲いたのは連翹れんぎょうの花であった。
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
途方とはうにくれてよめ塩原しほばら内井戸うちゐど飛込とびこんで幽霊いうれいに出るといふのがつぶはじめで、あの大きなうちつぶれてしまつたが
塩原多助旅日記 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
塩原多助しほばらたすけといふ本所ほんじよ相生町あひおひちやう丁目ちやうめ炭屋すみや怪談くわいだんを」「知りませぬ」「さうかね、塩原多助しほばらたすけといふ炭屋すみや井戸ゐど内井戸うちゐどであつたさうだが
塩原多助旅日記 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)