“連翹”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
れんぎょう82.1%
れんげう17.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“連翹”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 日本8.3%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
芸術・美術 > 絵画 > 日本画1.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
くるりと身を廻して、温泉宿ゆやどの垣の根にさいている、連翹れんぎょうの花をむしりとって、おりんの笑くぼへぶっつけました。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ばさっと、庭先の連翹れんぎょうの花が、嵐みたいに揺れた。垣を踏みこえて来た激しい物音から、一箇の人影が、縁側へ、躍り上がった。
無宿人国記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
立木たちきの花は甚だすくない、純白の八重桜に連翹れんげうと梨ぐらゐのものである。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
しづかな山の手の古庭に、春の花は支那の詩人が春風二十四番と数へたやう、梅、連翹れんげう、桃、木蘭、藤、山吹、牡丹、芍薬しやくやくと順々に咲いては散つて行つた。
花より雨に (新字旧仮名) / 永井荷風(著)