“百千鳥”の読み方と例文
読み方割合
ももちどり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と言うと、「さへづる春は」(百千鳥る春は物ごとに改まれどもわれぞく)とだけをやっと小声で言った。
源氏物語:06 末摘花 (新字新仮名) / 紫式部(著)
歌麿は婦女の姿態を描くのまた花鳥をよくす。絵本『百千鳥』『虫撰』また『汐干土産』等における動植物の写生はその筆致の綿密なること写真機もなほ及ばざるほどなり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
真諦之事、八三鳥呼子鳥百千鳥稲負鳥)之大事、九鳥之釈、十鳥之口伝、十一一虫、十二虫之口伝、十三三才之大事、十四秘々、十五桜歌之口伝、十六重之重附古歌之事、十七土代
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)