“千鳥足”の読み方と例文
読み方割合
ちどりあし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、みんなとれて、一人で、あちらにぶらり、こちらにぶらり、千鳥足になって、野原を、星明かりでいてきたのだ。
大きなかに (新字新仮名) / 小川未明(著)
自分では酔わぬつもりでも、脚はかなりふらふらしていた。彼はその千鳥足を踏み締めながら、狂人のように、どんどん雪をってけだした。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
頬白山雀雲雀などが、ばら/\になつてつてるから、綺麗着物問屋だの、金満家隠居だの、げたり、をかついだりして千鳥足るのがある
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)