“雪間”の読み方と例文
読み方割合
ゆきま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「払ひけるしるしも有りて見ゆるかな雪間をわけて出づるの」と、道長か倫子か知らぬがお歌を賜わった。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
朝の八時すぎ、一時間ほど雪間があって陽が照ったが、間もなくまた降りついで大雪になった。
雪間 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
ご存じの楚蟹の方ですから、何でも茨を買って帰って——時々話して聞かせます——一寸幅の、ブツで、雪間紅梅という身どころをろうと、家内と徒党をして買ったのですが
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)