連環記れんかんき
慶滋保胤は賀茂忠行の第二子として生れた。兄の保憲は累代の家の業を嗣いで、陰陽博士、天文博士となり、賀茂氏の宗として、其系図に輝いている。保胤はこれに譲ったというのでもあるまいが、自分は当時の儒家であり詞雄であった菅原文時の弟子となって文章生 …
作品に特徴的な語句
わずらい つね しょ いけ ふすぶ けた つかさ 微笑みしょう ひく めぐり たてまつ てん しきり しゅつ そなた ふつ なめしがわ そう しゅつ にくし ゆたか じょう つく おもい そう とどま くう あまね おろ そう ちと おお だち えい もて 此様かよう きつ かたえ 斯様かう すくい かみ した 退すさ 足下そなた じゆ くるしみ むさ のっと ただち 斯様こう しも はらえ したがう かく 大道たいどう 出来いでき 乞丐かたい 少許せうきよ とうと いだ つな なら じゅう たか 言語げんぎょ ぎょう とっ 大河だいが ねむ つらな そら 勝負かちまけ あし かけ 結局おち 羽翼はがい 女房にょうぼ 成熟じょうじゅく 微妙みみょう 清水せいすい 血塗けっと 何様どう こうべ おさ じゅ 退さが 時々じゞ 間々あいあい