連環記れんかんき
慶滋保胤は賀茂忠行の第二子として生れた。兄の保憲は累代の家の業を嗣いで、陰陽博士、天文博士となり、賀茂氏の宗として、其系図に輝いている。保胤はこれに譲ったというのでもあるまいが、自分は当時の儒家であり …
作品に特徴的な語句
凋落ちょうらく 堪能かんのう もも 斡旋あっせん 般若はんにゃ たちばな 凄惨せいさん 渾身こんしん 檀那だんな 禰宜ねぎ 叡山えいざん 其儘そのまま 奢侈しゃし 捏造ねつぞう 看做みな たね 乾坤けんこん 剃髪ていはつ 布袋ほてい 菩薩ぼさつ 道行どうぎょう 有縁うえん 抑々そもそも 生一本きいっぽん 結縁けちえん ふう くびき 供奉ぐぶ 経綸けいりん 蹴鞠しゅうきく 蔵人くろうど 金箔きんぱく 彼是かれこれ 忍辱にんじょく はこ 牝牛めうし かつお 起臥きが 何彼なにか へた 魂魄たましい なら とり 発矢はっし つとめ 南無なむ まぐろ 雪隠せっちん 狂気きちがい 沈淪ちんりん 法華経ほけきょう 戸口ここう ほしいまま 称名しょうみょう 蕩尽とうじん 踏張ふんば 逆鱗げきりん 進捗しんちょく 後世ごせ めぐみ 気忙きぜわ 爾後じご 瞋恚しんい 難波なには 念誦ねんじゅ 礼拝らいはい 思惟しゆい 生贄いけにえ ほこ 名聞みょうもん 御方おんかた こぼ 孔子こうし 宦官かんがん 平坦へいたん 洛中らくちゅう 筆硯ひっけん 願文がんもん 直截ちょくせつ 誦経じゅきょう 駿馬しゅんめ 手強てづよ はし ほこさき 名利みょうり 希有けう だん 千代ちよ 気息いき さく 胡蝶こちょう 死屍しかばね