“順”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
したが63.8%
じゆん14.9%
じゅん11.7%
おとな3.2%
したがう2.1%
おとなし1.1%
したがわ1.1%
1.1%
めぐ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
年頃になるにつて、弥勒像の性格だ。二年前の話だが、十九の年に見合ひして、近村の豪農の息子と結婚することになつたのだ。
木々の精、谷の精 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
「廿五日。(三月。)晴。花影童女五十回忌に付、賢忠寺参詣。」花影は文政六年三月二十五日に夭した蘭軒庶出のである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
が、最後に彼と彼の家庭の調子が程好く取れているからでもあり、彼と社会の関係がなようで実はに行くからでもある。——話がつい横道へれた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「これじゃあ、俺も、しくしちゃいられねえ。吉田様の歳祝いにでも行ってくるべ。」
手品 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
天元五年の冬、其家は成り、其記は作られたが、其翌年の永観元年には倭名類聚抄の撰者の源は死んだ。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
つて煖炉の前に膝を並べた時分の姿が目に附いて、嗚呼い間を、と力抜がして了ふ。貴様これが人情だぞ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
されば婦人に七去とて、あしき事七ツ有り。一には、ざる女はべし。二には子なき女は去べし。是れ妻を娶るは子孫相続の為なれば也。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
そのペン先がいかにも使いらされて、柔かな幅をもっている、平均に力が入って、くっきりとした明晰な書体だが穏和なふくらみの添っているその字は、峯子に正二を思い出させた。
今朝の雪 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
三に曰く、を承はりては必ず謹め、をば則ちとす。をば則ちとす。天ひ地載せて、四時り行き、万気通ふことを得。地、天を覆はむとるときは、則ちるることを致さむのみ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)