“順序”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じゆんじよ60.0%
じゅんじょ40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
截り取りたる石屑及び砥石に用ゐしとはるる石器等を比較すれば、正しくコロボックルが磨製石斧をりたる順序を知るを得るなり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
また時代されてゐたのもありますが、とにかくこのつの時代は、大體人類文化順序すものといつてもよろしい。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
あたりまえならば王位をつぐのが順序でありますから、人民は、なんといって、反対すまいものでもなかったのであります。
黒い塔 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「いざ、こうしてひまどられては、かんじんな試合順序がおくれるばかり。どうか、あれなる咲耶子つきとして自分のほうへ渡されたい」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)