コロボックル風俗考コロボックルふうぞくこう
理學士坪井正五郎 此風俗考を讀むに先だちて知らざるべからざる事數件有り。此所に列記して緒言とす。 コロボックルとは何ぞ。コロボックルとは元來北海道現住のアイヌ、所謂舊土人が己れ等よりも更に舊く彼の地に棲息せし人民に負はせたる名稱の一なり。然 …
作品に特徴的な語句
如何ゐか むし をわ まふ したへ をも 交際かうえき やう 女子じよし みかき おは イサリ ゑら やう しやう 入用にうよう 想像そうざう せう 住居じうきよ 頭上とうぢやう 交換こうくわん 木片ぼくへん かたは れう 習慣しうくわん はん きづつ きやう 外面ぐわいめん 住居ぢうきよ 職業しよくぎやう なほ いう 水草すいさう 表面ひやうめん けづ あらは ちやう へん ゑん せき かほ 頭髮どぐうたうはつ 境界きやうかい しよく 中央ちうわう づつ 附着ふちやく のび 調査ちやうさ 獸類ぢうるい 平常へいじよう あらは 乳房にうばう ひく 必要ひつやう つけ 温暖おんだん 女性ぢよせい 表面へうめん しやう きは 相違そうゐ たく 看過くわんくわ うへ しとみ 首級しゆきう 比較ひかう 彼此ひが くだ おのづか 勿論もつろん 乳房にうはう 思考しこう たほ 容易ようゐ おそら 端緒たんちよ 女子ぢよし いづ したか 空虚くうきよ 獸類じゆうるゐ 獸類じうるゐ 手掛てが 構造かうぞう この 物品ぶつぴん ばかり ただち