“乳房”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちぶさ88.3%
ちち4.3%
ちゝ3.2%
おちち1.1%
ちつこ1.1%
にうはう1.1%
にうばう1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これに反して鰐博士は、むしろ子宮や乳房の自然退化を促進する方を捷径と見て、既に三十年をその研究にして来た権威者である。
わが心の女 (新字旧仮名) / 神西清(著)
自分を叱り、自分をましながら、彼女は、涙を拭いて立った。奥のほうで大三郎が眼をさましたとみえ、乳房を求めて泣きぬいている。——
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
銀鞍少年玉駕佳姫、ともに恍惚としてなる陽炎なるに、木蓮乳房む。
月令十二態 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
いつも、いつも、お前はなんて早熟ているのだろうとく母親には、見られたくなかったので、錦子はおきると、乳房朝㒵にしてしまい、腰の丸味はにしてしまった。
田沢稲船 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
るやうながしてはずみることもあるのであつた。はおすと與吉いては「なあ、おつかあはねえんだぞ、おつかあが乳房しがんねえんだぞ」と始終いつてかせた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
乳房の部の膨れ方に大小の差有るは尤も注意すべき事たり。余は有力なる反證を發見する迄は二樣の土偶は男女の相異を示すものとして記述すべし。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
然れども乳房の部のれ方少き土偶に限りて第二種を穿きたる樣に作り有るを見れば或は此方は男子用にして第一種は女子用ならんか。エスキモ男子中には第二種としき股引を穿く者有り。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)