“盥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たらい76.4%
たらひ18.6%
だらい2.9%
たれえ0.8%
だらひ0.4%
てあら0.4%
てあらひ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
家の南側に、釣瓶を伏せた井戸があるが、十時ころになると、天気さえよければ、細君はそこにを持ち出して、しきりに洗濯をやる。
少女病 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
「すると、お狩場の四郎が忍び込んで、兼松の着物を着てお美代を殺し、その着物を井戸端のに漬けて行つたことになるが——」
女中や番頭に取り巻かれて、すすぎの前へ腰かけたのは、商家の内儀らしい年増の女と、地味なものを着た手代風の男であった。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
木崎の親類で留められて居るんだんべーって云って居やんした、五八、われえ其所を片付けてをあげろ、戸口に立って居りやんすのは誰だ
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
二枚の着物——繼だらけの仕事着と小綺麗な袢纒が、大の中に入れて、水に漬けてありますが、それは今朝お光の死骸を見付けた時、それを崖の上へ抱き上げようとして
常並の人のには唾液を用ふれども、ちゞみの紵績には茶碗やうの物に水をたくはひてこれをもちふ。事毎ひ座をめてこれをなすなり。
その中央る、御機屋へてがごとく畏尊ひ、織人他人を入れず、織女別火し、御機にかゝる時は衣服をあらため、塩垢離をとり、ぎこと/″\く