“手水盥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちょうずだらい71.4%
てうづだらひ14.3%
てうずだらひ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文「おさまお早う、い天気になりました、お町やお母さまのお床を上げて手水盥へ水を汲むのだよ」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
おつたは汗沁みた手拭りにごし/\として首筋のあたりから一幾度となくつて手水盥へた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
手拭さな手水盥つてくすると手水盥周圍から段々まつてえてる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)