内蔵允留守くらのすけるす
岡田虎之助は道が二岐になっているところまで来て立ちどまり、じっとりと汗の滲み出ている白い額を、手の甲で押し拭いながら、笠をあげて当惑そうに左右を眺めやった。……その平地はなだらかな二つの丘陵のあいだにひらけていた。八月すえだというのに灼けつ …
作品に特徴的な語句
いつき たゆ 二岐ふたまた すさ いじ かたじけ しっか 忿怒いかり さら いつ くら まばた こいし あつ はびこ たず きびす かたく おっ せがれ 何処どこ 刹那せつな つよ 勿体もったい ひる いや 叢林そうりん 可笑おか あき つぶや 呶鳴どな うめ とが のど わら ほこり いず むし 小径こみち もっと いわお かば 御膳ごぜん 悪戯いたずら たし ひら こぶし ちょう そろ 暴々あらあら さら かつ 此処ここ 氾濫はんらん 清洌せいれつ 渾身こんしん あふ にじ 濶然かつぜん 焚物たきもの よみがえ 甲斐かい うね 相繋あいつな まぶ 眸子ひとみ みは みつ 砂礫されき かわら 祖父じい たね かせ 窪地くぼち 窺知きち 竹籔たけやぶ 筍笠たけのこがさ こも ののし ひざ 艶々つやつや すすき 草鞋わらじ 蒲生がもう まむし たすき のぞ ねら