“磧”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かわら73.3%
かはら21.7%
こいし1.7%
がわら1.7%
すなはら1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
暑いを吸うていた鬼魅悪くほかほかしていた。その時莚包焼明を持って背の高い男が、を持った角顔の男のほうを見て
赤い土の壺 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
練吉はさい時頭の大きな首の細い子供であつたが、房一は彼をのまん中で追ひまはしたこともあるやうな気がする。
医師高間房一氏 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)
磧は黒く醜くなりは黄ばめる普通の沙となれり、見よ見よいかにと告げ知らするに二人は驚き、りて見れば全く父の言葉に少しもわぬ
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
後白河法皇の院政中、京の賀茂でめずらしい死罪が行なわれた。
無月物語 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
蛇がその一面に群居し、毒気を吐きて鳥をし食うのか判らぬ。