医師高間房一氏いしたかまふさいちし
この物語の主人公である高間房一の生ひ育つた河原町は非常に風土的色彩の強い町であつた。海抜にしてたかだか千米位の山脈が蜿蜒としてつらなり入り乱れてゐる奥地から、一条の狭いしかし水量の豊富な渓流が曲り曲つたあげく突如として平地に出る。そこで河は …
作品に特徴的な語句
あたたま あた さまたげ ぷち ほろぼ まぶし とし をさま ちい もとで はう 凝然ぎようぜん ぎよ したゝ あたか 釉薬うはぐすり はにか うは かす 悪感をかん 性懲しようこ はづ 主人うち いち おびやか 矜持きようぢ まば くた 猪突ちよとつ うる あせ あかる やは 唯々ゐゝ てこ しを ざい 徒歩てく 一歩いちぶ 馬喰ばくらう しなや けは よみがへ ちゞ おだ したゝ 気忙きぜは つかま 悪戯いたづら うしろ はず 小狡こず つまびら 住居すまひ 上手かみて りき ゆだ あざ 単衣ひとへ かたき あはせ せば 横柄わうへい はた 見究みきは 木口こぐち つか しやべ しな くろ かん 放蕩はうたう 博労ばくらう なまり 玩具おもちや